葬儀代がない

葬儀代がないのでお金のかからない葬儀を調べた

葬式

お金のかからない葬儀を教えてください

投稿日:

お金のかからない葬儀を教えてください

石橋を叩いても渡らないタイプなのに葬儀代が心配なあなたへ

葬儀代がない

 

お香典の表書きは、仏教の場合御霊前・御香典・「御香料」が一般的。
どうしても香典にピン札を入れるなら一度折って折り目などをつけるならマナー違反にならないですね。
これだといい感じですね。
近年は葬式のやり方が次第に変わってきています。
なんと、通夜とか宗教儀式もせずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする『直葬』が増えているとのこと。
期待されることは、葬式の金額が低くなることや、参列者を減らすことができる。
あなたの葬儀はこうしたい希望はありますか?私なら簡潔にしていいと強く言いたいです。
簡単に言うと、お通夜、告別式さえも行わない非常に簡単な方法でかまわないと思っています。
本当に。
今以上にドンドン死亡年齢が高くなるがやってきます。
ということは、知り合いも年齢が高い事態におちいってます。
それから、近所との付き合いもほとんど無くなっているので家族葬でいいって必然的にるわけです。
葬儀の時のピン札は、あたかも訃報に備えている感じでやっぱり失礼です。
ということで、葬儀には向かないとという常識もあります。
分ったんですけど、費用がお安い「直葬」って知ってました?直葬を選んだ人の理由は「葬儀費用がないから」という声が多かったとか。
それから、「葬儀はやりたくない」という人も現実にいます。
私の友人たちの心の叫びのようですね。
葬儀全体に必要な金額は、調査によると平均で200万円前後という結果のようです。
コレはだいたいの平均的な数字です。
これ以上掛かって困った喪主の方もいます。
なので、「火葬式だけ」の『直葬(ちょくそう)』でやって身内だけにしてしまう事も可能です。
それから、薄汚れたお金やグチャグチャのお金を使用することもマナー違反という感じです。
不祝儀で避けたいこととして大事になるのがお香典に包むお札。
住んでる所ややり方の関係とかいろいろありますが新札は使用しないようにすることはほとんど一致ということです。
お葬式に必ず必要なお香典に入れるお金で気をつけたいのは新札を入れてはいけません。
ついやってしまいそうですが失礼になってしまうから控えましょう。
あまり考えたくないけど葬式のことなどいずれやってきます、あなたは考えたことありますか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
たとえば、「どんな葬儀にする?」「交際範囲は?」「重要な書類はどこ?」とか。
なんとなくそれとなく聞き出すのも幸せかと。
いきなり病院で紹介された葬式屋さんを決定するのは勇気もいるし大変ですよね。
全部どんぶり勘定とか、信用できないけど他がないとか?ですからネットでも安心できる大手がいいね。
それから、内訳を見て追加がないか確認することです。
やることが多いのは大変だけど、騙されないで普通にやろうではありませんか。
通常の葬式だったら故人をしのぶために、お通夜には親戚や周りの人が参列していていただきます。
だいたい次の日に葬式して告別式を一緒に行うという感じで送り出します。
でも、故人の年齢が高い人とかだったら家族と近親者だけで行う「家族葬」なんてことも可能です。
お葬式っていうのは絶対しなければならなないという法律がある?これは、そんな法律はありません。
ですが、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
なので、実際は葬儀屋さんに依頼する方法しかないんですよ。

 

-葬式

Copyright© 葬儀代がない , 2019 All Rights Reserved.