葬儀代がない

葬儀代がないのでお金のかからない葬儀を調べた

葬式

火葬代が払えないのでキャッシングしようかな

投稿日:

火葬代が払えないのでキャッシングしようかな

ワクワクが止まらない日々だったけど葬儀ができないあなたへ

お金のかからない葬儀

 

すぐにネットで探した葬儀社を決めるのは至難のワザですよね。
ボッタクリとかなら断るべきか?やっぱり色々と見積もり取るのもいいね。
それから、相場をあらかじめ知っておくことは大事。
やることが多いのは分かっているけど、何があっても普通にやりたいものですね。
葬式をすること事態は法律で決められた事なのか?これは、そんな法律はありません。
しかし、遺体は火葬しなければなない義務はあります。
だから、実際は葬儀社にお願いするしかないわけです。
それから、汚れた紙幣やしわしわのお札を用いるのも失礼になってしまいます。
あなたの葬式はどうしたい希望はありますか?私なら全部省略してもいいとみんなに言いたい感じです。
つまり、お通夜、告別式さえも行わないスッキリした儀式でいいとすごく思うようになりました。
マジで。
これからドンドン高年齢化になっています。
となると、同僚も年齢が高いということにになります。
ましてや、近所との付き合いも少なくなっているのは分かっているので家族葬でいいて感じの結論が多いのです。
葬式に掛かった費用は、アンケートによると平均で190万円前後という数字が出てきたようです。
でもこの金額はだいたいの平均です。
もっと掛かって困った喪主の方もいます。
なので、火葬だけを行う直葬(チョクソウ)でやって簡単にして抑えることもできます。
葬儀に持っていく香典の中に入れる紙幣で注意したいのはピン札を入れてはいけません。
これはマナー違反になってしまうから控えましょう。
最近は葬式のやり方が次第に変わってきています。
なんと、通夜も告別式も実施せずに故人を直接に火葬場に移動して、そこで最期とする「直葬(ちょくそう)」もどんどん増えています。
メリットは葬式全体の費用がお安いことや、参列者を減らすことができる。
親の年齢も考えると葬儀のことなど考えるべきです、あなたは考えたことありますか?なんでも、事前に準備するのが一番ですよね。
例えばですけど、「どんな葬儀にする?」「交際範囲は?」「保険とか大切な書類は?」など。
なんとなくそれとなく聞き出すのは必要ですね。
お通夜の時の新しい紙幣は、何か悲しいお知らせを分っていたようでやってはいけないことです。
ということで、不祝儀には向いていないとマナーがあります。
香典の表書きは、仏教の場合「御霊前」御香典、「御香料」が一般的。
一般的な葬儀ならお悔やみのために、お通夜に友人や知人が集まってもらいます。
そして翌日に葬式と告別式を一緒に行うこういう流れでで送り出します。
また、亡くなった人が高齢とかの場合ほんとの身内だけで行う家族葬(かぞくそう)という方法もあります。
どうしても香典にピン札を使うなら1回以上折って折り目やシワをつければいいかも。
これだとマナーは守られてる感じ。
不祝儀で避けたいことになるになるのがお香典のお札。
住んでる所や宗教の相違とかいろいろありますが新しい紙幣は使用しないという事はだいたい同じです。
あなたは、問題もあるけど安い「直葬」って知ってました?直葬を選んだ人の理由は「お金がもったいないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「葬儀はやりたくない」と決めている人も現実にいます。
私の友人たちの考え方はたくさんありますよね。

 

-葬式

Copyright© 葬儀代がない , 2019 All Rights Reserved.