葬儀代がない

葬儀代がないのでお金のかからない葬儀を調べた

葬式

マジで親の葬式代がない状況なので借り入れする?

投稿日:

親の葬式代がない状況なので借り入れする?

安定した収入がなくて親の葬式代が不足しているあなたへ

親の葬式代がない

 

すぐにネットで探した葬式屋さんを決めるのは至難のワザですよね。
大雑把な見積もりとかなら断るべきか?やっぱり事前に調べておくのがいいね。
それと、内訳を見て追加がないか確認することです。
突然なので全てやるのはつらいけど、何があっても段取りよくやりたいものですね。
お葬式なんですが法律で決められた事なのか?実際は、法律のような義務はありません。
ですが、遺族の方は火葬する義務はあります。
だから、通常は葬儀社に依頼する方法しかないのです。
お通夜でしてはいけない事として大事になるのが香典袋に包むお札。
住んでる所や宗派の関係もあったりしますが新しい紙幣は使用しないという点はほとんど同じということです。
お香典の表書きは、ほとんどの場合御霊前・「御香典」御香料、が一般的。
年をとったら終活や葬儀のことなど考えるべきです、あなたは考えたことありますか?少しでも事前に準備しておくのが良いですよね。
例えばですけど、「どんな葬儀にする?」「絶対知らせたい人は?」「重要な書類はどこ?」とか。
事前にそれとなく聞き出すのも幸せかと。
葬儀の時の新札は、あたかも訃報を察知していたようでやっぱり失礼です。
なので、不祝儀には避けるべきと考えられています。
仕方なく香典に真新しいお札しかない場合1回以上折って折り目やシワをつければいいかも。
そですねマナーは守られてる感じ。
葬儀に持っていく香典袋に入れるお金で注意したいのはピン札はダメということ。
これは良くないことになってしまうから控えましょう。
それから、汚いお札やグチャグチャの紙幣を使うのも失礼という感じです。
あなたのお通夜と告別式はこうしたいと思っていますか?私だったら全部省略してもいいと強く言いたいです。
簡単に言うと、お通夜も告別式もなくていい、スッキリした儀式でいいとすごく思うようになりました。
本当に。
聞きますけど、全部シンプルな”直葬”という方法をご存知でした?直葬を選んだ人の理由は「葬儀費用がないから」っていう感じがほとんどかも。
それから、「葬儀はやりたくない」と決めている人も現実にいます。
様々な人たちの心の叫びのようですね。
近年は葬儀式のやり方が変化してきています。
なんと、通夜も告別式も実施せずに直接に火葬式をしてしまい、そこで最期とする”直葬(ちょくそう)"が増えているとのこと。
いいことは、葬儀の費用がお安いことや、出席者を限定できることです。
一般的な葬儀なら故人をしのぶために、お通夜に身内やお世話になった方々に出席してもらいます。
そして翌日に葬式して告別式を同じ日にやってしまうという感じで送り出します。
また、故人の年齢が高いとかの場合ほんとの身内だけで行う「家族葬」という方法もあります。
葬式に必要な金額は、調査によるとおおよそ200万円前後という結果のようです。
コレはあくまでもいわゆる平均です。
もっと請求がきて困った人たちもいるわけです。
なので、火葬だけを行う直葬(チョクソウ)してしまうなど身内だけにして抑えることもできます。
今以上にもっと高年齢化になっています。
そうなると、知り合いも高年齢状況にになります。
それから、地域の人との付き合いも減っているのは分かっているのでお葬式はしなくてもいいとなるわけです。

 

-葬式

Copyright© 葬儀代がない , 2019 All Rights Reserved.